訪問看護

サービス概要

タイトル画像タイトル画像

住み慣れた家だからこそここで暮らしたい・・・
そんなあなたに必要な看護を

「東電さわやか」の訪問看護は、療養が必要な方でも安心してご自宅で生活していただけるように、看護師の資格を有したスタッフが主治医やケアマネジャーと連携を取りながら、お客様のライフスタイル、要望がかなえられるようにお手伝いします。
さらに、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士がお客様の動作能力向上のお手伝いも行います。

スタッフの声

スタッフ画像

訪問看護
理学療法士

専門職という垣根を越えて、一人のお客さまを多方面から支援していきたい

パートナーズに入社する前は、急性期病院の理学療法士として勤務していました。入院中の患者さまに対する退院前訪問指導のためご自宅に伺う機会が多く、ご本人が在宅に戻るためにどのように生活環境を整えていくべきかを考えていくうちに、在宅に対する興味を抱くようになりました。
訪問看護ステーションで働くようになってからは、お客さまがご自宅で前向きにリハビリを行えるように精神的なケアやお声がけにも力を入れるようになりました。当時、寝たきりに近い状態で麻痺部を触るだけで「痛い」と叫ばれていたお客さまが、一生懸命リハビリを行うことで、今では平行棒を使ってご自宅を歩けるようになった姿を見たときなどはとてもやりがいを感じました。お客さまを懸命に励まし続けてこられたご家族とともに、在宅生活を支えるためにヘルパーや訪問看護師などと多職種連携を図ることの大切さを強く感じました。私たちは専門職という垣根を越えて、一人のお客さまを多方面から支えていけるよう支援させていただいております。これからも事業所を超えて、地域一帯でお客さまを支えることができるよう、地域会議などにも参加し、自分もその中の一人として頑張り続けていきたいと思っています。

お問合せはこちら